マロン マインドカラー NのAmazon口コミ・最安値

マロン マインドカラー Nのキャンペーン開催中

おすすめ白髪染め

キャンペーン応募はこちら

マロン マインドカラー Nは、美容院に行かなくても自宅で簡単に白髪隠しができる白髪染めです。

今回、髪の根本までしっかり染めてくれるマロン マインドカラー Nの効果と口コミ、最安値キャンペーンについてお届けします。

マロン マインドカラー Nのおすすめポイント

「毛髪保護成分」と「潤い成分」たっぷりで、髪に嬉しい効果が豊富な白髪染め商品として人気になっています。

なぜそこまで人気が高いのかマロン マインドカラー Nのおすすめポイントをまとめてみました。

おすすめポイントその1

混ぜ合わせる手間がいらない

これまで普通の白髪染めでは混ぜ合わせる手間が必要でしたが、マロン マインドカラー Nは付属のコームで髪をとかすだけ。

初めての方でも失敗無く染め上げることが可能。

高密度の泡が髪に密着し、白髪を根元からしっかりと染め上げます。

また、塗り残しによる染めムラを少なくする配慮がされています。

独自の「色あせ低減処方」が髪の内部に浸透した染料の流出を押さえ、色持ちもアップ!

サロン仕上げのきれいなヘアカラーを自宅でも実感できるのが嬉しいですね。

おすすめポイントその2

しっかり染まる上に髪が傷みにくい

マロン マインドカラー Nは毛髪保護成分となるグレープシードオイル・ユーカリオイル・月見草オイル・機能性アミノ酸の4つの成分を配合し、さらに海洋コラーゲンでうるおいを与え、ツヤのある髪に整える効果も。

市販されているヘアカラータイプの白髪染めは、1剤(酸化染料・アルカリ剤)と2剤(酸化剤)を混ぜ合わせた化学反応により髪を染めるものなので「アルカリ性酸化染毛剤」とも呼ばれています。

髪の内部に浸透して染まる特徴を持っており、一度染めると数ヵ月は色を楽しむことができます。

しかしキューティクルを一度開いた状態で染毛剤を浸透させるため、どうしても髪の傷みは避けることができません。

したがって、パサつきを抑える毛髪保護成分やトリートメント成分が配合されたマロン マインドカラー Nを選ぶようにしましょう。

またパラフェニレンジアミンやパラトルエンジアミンといった成分が含まれたものは、アレルギーを起こすことがあるので注意してください。

肌の弱い方はマロン マインドカラー Nのパッケージ裏に書かれている成分表をチェックして、こうした成分が含まれていないかチェックしましょう。

おすすめポイントその3

コスパがいい

伸びた根本だけを染めるリタッチや、気になる生え際・分け目だけを染める場合は1回で1箱を使い切ることはまずありませんよね。

マロン マインドカラー Nは必要な分だけプッシュして出すことができ、残った分は次回にとっておくことができるので経済的です。

マロン マインドカラー Nについてもっと詳しくみる

マロン マインドカラー Nとは

マロン マインドカラー Nのカラーは「髪質」と「白髪の量」に合わせて選ぼう

マロン マインドカラー Nには豊富なカラーがありますが、自分の髪質と白髪の量に合わせて選ぶようにしましょう。

まず髪質ですが、髪の毛が柔らかい方や細い方は「軟毛」、髪の毛が硬めで太い方は「硬毛」になります。

軟毛の方は染まりやすい毛質をしているので、明るい色の場合は希望通りのものを選んで構いません。

しかし暗めの色は思ったよりも暗くなりやすいので、ワントーン明るいものを選ぶと良いでしょう。

一方で硬毛の方は染まりにくい毛質のため、暗い色は希望通りのものでいいのですが、明るい色はワントーン上を選ぶのがおすすめです。

また、白髪の量によっても選ぶべき色が異なります。

部分白髪は明るく見えやすいので、少し暗めを選ぶと不自然になりません。

白髪の量が多い場合、逆に白髪だけが沈んで見えやすいので少し明るめを選んでみてくださいね。

マロン マインドカラー Nのニオイは不快感も少なめ

白髪染めは浴室などの密閉された空間で行うことが多いですよね。

染め剤特有のツンとした臭いはやはり気になるところ・・・。

マロン マインドカラー Nは臭いを軽減しているから、染毛時の不快感は軽減されてきています。

臭いが少ないマロン マインドカラー Nを選んでおくと、染毛時に気分が悪くなるのを避けられるだけでなく、染めた直後の髪も白髪染め特有の臭いがしないので安心できます。

マロン マインドカラー Nについてもっと詳しくみる

白髪染めの選び方のポイント

白髪染めは髪質やダメージの度合い、白髪の量などに合わせて選ぶことが大切です。

基本的な白髪染めの選び方についてのポイントをご紹介します。

タイプごとの違いをチェック!

白髪染めにはいくつかの種類があり、それぞれ染まり方が異なります。

髪へのダメージ度合いも異なりますので、タイプ別の違いをしっかりと理解して選んでみましょう。

【ヘアカラー】速効性があり効果も長持ちするけどダメージは大きい

髪の内側からしっかりと染まることでカラーが長持ちするのがヘアカラータイプです。

液状・乳液・クリーム・泡タイプとして販売されているものが多く、部分白髪から広範囲の白髪までに対応しています。

使用後にすぐ白髪染めの効果を実感できるのがメリットです。

液状や乳液状のものは伸びが良いので、広範囲を染めるのに最適です。

クリームや泡状のものは液ダレしにくく、広範囲はもちろんのこと伸びてきた根元部分だけを染めるのにも適しています。

どちらもカラーの種類が豊富で自分好みの色を探しやすいです。

でも、髪へのダメージが大きいので定期的に使用するのには向きません。

【ヘアマニキュア】髪へのダメージが少なく、繰り返し使いやすい

髪の毛の内側ではなく外側にのみ着色するのがヘアマニキュアタイプです。

髪の芯まで染めるヘアカラーとは異なり、髪へのダメ―ジが少ないので繰り返し使用するのに適しています。

ヘアマニキュアはあくまでも髪の外側だけをコーティングするものなので洗うたびに色が落ちていきますが、ヘアカラー同様に即効性があります。

刺激成分も控えめになっており、頭皮や髪をいたわりたい方におすすめです。

ヘアマニキュアのタイプは液状・乳液・クリームや泡タイプが主流ですが、ヘアカラーとは異なっているので、選ぶ際は間違えないように気を付けましょう。

【ヘアカラートリートメント】使うたびに徐々に染まり、自然に白髪をカバー

シャンプーの後などに使うもので、使うたびに少しずつ髪に着色するのがトリートメントタイプです。

即効性はありませんが自然に染まっていくので、白髪染めをしていることを隠したい方に適しています。

ヘアカラートリートメントにはシャンプータイプやトリートメントタイプがあり、入浴ついでに使えるところも魅力となっています。

また髪の毛へのダメージも少ないので、ヘアマニキュアよりもさらに手軽に使えるタイプと言えます。

ヘアカラートリートメントは、どちらかと言うと全体の白髪をカバーしたい方向けです。

定期的に使うことで髪の根元など、自分では染めにくい部分にも手が届きやすいタイプです。

【ヘアマスカラ】お出かけ前にサッと使える、一時的な白髪隠し用

一時的な白髪隠しとして販売されているのがヘアマスカラタイプです。

ヘアマスカラは髪の毛を染めるのではなく「髪の毛用のマスカラ」ですので、洗えばすぐに落とすことができます。

気になった白髪をすぐに隠したい時に便利です。

でも、ピンポイント用なので全体の白髪には向きません。

厳密に言うとヘアマスカラは「白髪染め」ではありません。

しかし、生え際など染め残しがあった部位をすぐカバーできるのは大きなメリットです。

1つ持っておくと安心できますよ。